コラーゲンとゼラチンの違いを徹底解説!

皆さん、いつも食事で健康に良いと言われているコラーゲンですが、実はゼラチンとそっくりという話を聞いてイマイチ両者の違いがよくわからないという方が多くいます。

 

コラーゲンとゼラチンの違いを徹底解説!

 

化学的な構造式や代謝に関して説明されても理解できないという方に今回は、身近にあるものを例えに分かりやすく紹介していきたいと考えています。今までのコラーゲンに関する理解が進めば幸いです。

 

早速ですが、コラーゲンとゼラチンは全然違います。

 

その違いを、分かりやすく例えると布と糸の違いみたいな物です。コラーゲンが布で、ゼラチンが糸と考えるようにしてください。
実際に食品に存在しているコラーゲンは、プルプルしています。魚の煮物を作った時にできる、動物性の固まりがコラーゲンなのです。

 

コラーゲンの特徴は熱で加熱しても、そう簡単に溶けることが無いことと、長時間に煮こむような食事でない限り、自然に出てくることはありません。
長時間煮込んだとしても、肉や魚の筋肉や骨の組織に存在しているのです。
もし、そうでなかったとしたら、チキンを上げただけでも筋肉の繊維がバラバラに成ってしまうのです。

 

ここで、繊維という言葉が出ましたが、コラーゲンはアミノ酸が多くつながってタンパク質になります。
その一本ずつの糸が縦横、編みこむことによって繊維ができて、コラーゲンになるのです。

 

その繊維は、筋肉や骨といった部位に布のように存在しています。

 

対して、ゼラチンですがこれは、コラーゲンを作る糸の段階の物です。つまり、バストアップサプリランキングとしては、ゼラチンという糸によって編み込まれたものがコラーゲンというわけです。その為、筋肉に存在していても熱を加える事によって液状に出てくる成分なのです。

 

先程のチキンの話で例えると、チキンを噛んだ時に、肉汁が出てきます。この肉汁に含まれているのがゼラチンなのです。ゼラチンは、一度液体になるとコラーゲンに比べて凝固が遅いのが特徴です。そして、ゼラチンはあくまで糸のため、コラーゲンに比べて胃酸に弱い性質があります。

 

健康のためにゼラチンをよく食べ、コラーゲンを増やそうを努力をしている方がいますが、ゼラチンはあくまで糸なので、体内に吸収されてコラーゲンの様な布状になるには非常に手間がかかるのです。
ですから、最初からコラーゲンを摂取することが非常に大切なのです。

 

両者は、似ているようで実は、こういった大きな差があります。今回、両者の性質を知って今後の健康の参考になれば幸いです。

いつまでも肌のハリや弾力は若々しいままでいたい

コラーゲンとゼラチンの違いを徹底解説!

 

いつまでも肌のハリや弾力は若々しいままでいたいものですが、残念なことにそれらは年齢とともに失われるものです。

 

 

 

エイジングケアが必要になってくる年齢は人それぞれだと思いますが、お手入れ後すぐに違いが出でくるものでもないので、年齢に関係なく早めに手を打つようにしましょう。普段使用するスキンケア商品をエイジングケアができるものに変える、たるみやシワ対策のハンドマッサージや乾燥対策のコットンパックで通常のケアに一手間加えるなど、毎日意識して行うことでハリや弾力をキープできます。すでにシワやたるみがあるという方も、めげずに解消に向けて頑張りましょう。

 

いくつになっても若くありたいという気持ちが、意欲的にエイジングケアを続けさせるのです。冬の間を除いて乾燥肌が問題になることはないのですが、寒さ対策でヒートテック系の肌着を使用し始めると感動肌になってしまいます。発熱系素材の肌着は特性上、繊維が皮膚から水蒸気という水分子を吸着しその時に気体から液体に変わる瞬間の発熱エネルギーを暖かさの仕組みとしているのですが、普段は乾燥肌じゃない私でも、かなりの乾燥肌になってしまいます。
発熱系繊維の入った下着などを着ていて、乾燥肌が気になるようになった方はこうして引き起こされている可能性が高いのです。

 

「外出前・帰宅後」などには、、しっかりクリームなどによる保湿をすることをオススメします。

 

 

毎日続けているお肌のケアでも特に心がけているのは、何と言っても保湿です。バスタイムの後にはすぐさま化粧水をたっぷりと顔にパッティングして吸収させます。その後は必ず、美容液成分入りの乳液で蓋をするようにしています。

 

私が長きに渡って愛用してきたのが、ヘチマ水です。
何と言ってもその価格の安さから気にせずたっぷりと使えます。

 

顔から、首筋から胸元まではたきかけます。
このリデンシル効果をはじめてからお肌に何年もトラブルはありません。乾燥肌が気になってくると、念入りに保湿しようとするあまり肌ケア商品をつけすぎる事があります。

 

 

 

ある化粧品会社で、メイクアップをして頂く機会があり、美容担当の方から乾燥肌の場合はメイクを落とすところから変えてみるのがいいと教えて頂きました。
乾燥肌の方なら化粧落としを肌に負荷を掛けにくいミルクタイプのものにすると良いそうです。

 

メイクのふき取りシートもありますが、拭くことでさらに乾燥肌を悪化させてしまう恐れがあるので日常的に使用することは控えるべきだそうです。ぜひメイク落としをミルクタイプに変えて乾燥肌から脱しましょう。

 

 

スキンケアで私が何よりも大切に考えているのは、最初につけた化粧水が馴染んでから次の乳液や美容液を使うということです。

 

 

まず洗顔後タオルで水分を拭き取ってから化粧水をつけます。
その直後に美容液は使わずに、先の化粧水がちゃんと肌に浸透するのを待ちます。
美容液をつけるのは化粧水が肌に馴染んだと感じられてからです。化粧水と同様に、美容液も肌につけてからしばらく待ちます。

 

 

 

そして肌に馴染んだと感じたら、最後に保湿クリームを塗ります。
急いでお手入れするよりもお肌の状態が改善されますよ!肌の乾燥が気にしている人は化粧水や乳液を沢山つけてしまいます。

 

 

 

化粧をしてもらった時、メイクのプロの方に化粧を落とす時に乾燥肌の人は化粧を落とすところから変えてみてはとアドバイスされました。
ミルクタイプのクレンジング材がいいそうです。シートは肌を傷つけてしまうので使用してはいけないものだそうです。
ミルクタイプのメイク落としを使って乾燥肌の改善に務めてみてください。

 

30代に突入してから、くすみ、たるみといったものが肌年齢として現れてきました。エイジングケアを始めるのなら今だ、と顔のマッサージを取り入れるようにしました。

 

また、サプリや食生活にも気をつけて、体の内側から肌が綺麗になるようにしました。

 

こうした取り組みが功を成し、ニキビもできにくくなり、外見上でもたるみ肌がぷるんと持ち上がったように思えます。くすんでしまっていた肌の色も少しですが明るさが戻ったので、早い段階で老化していく肌を処置できたのだと思います。